北春日部の美容室ミンティアのブログ

紫外線による害

紫外線にはUV−A波、UV−B波、UV−C波というものがそれぞれ含まれてます
UVAはシワやたるみの原因に、UVBはシミやそばかすの原因になり、
UVCは皮膚病の原因になります。

 

UVCはAやBよりも有害な紫外線ですが、オゾン層が吸収してくれて
地表まで届くことはありませんでしたが、
近年の環境汚染でオゾン層が破壊されて、UVCが届いてくることが
心配されてきています

 

UVケア商品はUVAとUVBに対する防御になり、UVCには対応してません。

 

 

日焼け止めのSPFとは

 

SPFとは、UVBに対する防御の数値になります。
SPF25と表記されていた場合、
例えばAさんは何もしなければ15分で日焼けしてしまう体質だった場合
SPF25の日焼け止めを塗れば、15分の25倍、375分(6時間ちょい)に
遅らせることができるという意味です。
SPF25なら25倍、SPF50なら50倍、日焼けを遅らせてくれる、というのがSPFです
ただ夏の紫外線などは5分でも皮膚に影響出てくる程なので
夏のレジャーなど(1時間以上)の場合は
SPF50のものを選びましょう
また、時間がたつと効果が薄れるので
1時間くらいごとに、こまめに塗る方がいいです。
夏の紫外線で3分で日焼けするとすると、SPF50のものを塗れば
3×50で、150分大丈夫な計算になります

 

 

日焼け止めのPAとは

 

日焼け止めのPAとは、
紫外線A波、UVAに対する効果で以下のようになってます

 

PA++++ 極めて効果がある
PA+++  非常に効果がある
PA++   かなり効果がある
PA+    効果がある

 

このように、ざっくりですが
わかりやすいといえばわかりやすいです

 

UVAは夏だけでなく、冬でも安定して降り注いでいるのが特徴な紫外線なので
窓際によくいる方や、買い物に毎日行く方なども
とくに注意してスキンケアしてください

 

 

おすすめUVスキンケア

ノンシリコンなミネラルUVファンデーション

 



 

なんとここでSPF50+という表示が出ます

 

・UVパウダー
 Point 1:UVカット最高指数「SPF50+PA++++」
 Point 2:皮脂吸着パウダーで、1日中テカリ&崩れ知らず!
 Point 3:ピュアシルク100%!パウダーなのに潤う。

 

・UVクリーム
 Point 1:UVカット最高指数「SPF50+PA++++」
 Point 2:3種の植物オイルと6種の植物エキスで環境ストレスから肌を守る!
 Point 3:ビタミンC誘導体配合で、ダメージ肌をケア!

 

SPF50とSPF50+の違いは?

 

日本にはSPF60やSPF70という表記がないので
SPF50より強い効果のあるものはすべてSPF50+という表示になります
とにかく長い時間効果が欲しい場合は
SPF50+を探すといいでしょう

 

 

 

 

 

 

 

PR

関連ページ

イルミナカラー
美容室ミンティアのブログです。 日々のことやお店のことを更新していきます
クセ毛の断面
美容室ミンティアのブログです。 日々のことやお店のことを更新していきます
正しいスカルプケア
美容室ミンティアのブログです。 日々のことやお店のことを更新していきます